インプラントとは?インプラントに関する基本情報を紹介しています。費用・手順など。

スポンサーサイト


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントとは-基本情報


 

【インプラントとは】 コンテンツ

このサイトはインプラントに関する基本情報を掲載しています。

インプラントとは

インプラントは一生モノ

インプラントの費用

自分の歯が無くでも可能

歯周病の人でも可能

骨粗鬆症の人は?

インプラント治療の手順①

インプラント治療の手順②
スポンサーサイト

インプラントは一生モノ


 

  従来の入れ歯と違い、インプラントは一生モノだと言えます。

「オッセオインテグレーテッド・インプラント」を初めて受けた患者のほとんどが、30年以上もの間、治療を受けた当初と変わりない快適な状態を保っています。

15年を過ぎても90%以上の人が安定して使用しているというデータが、インプラント治療の確実さを証明しています。


  また、入れ歯と違って年齢とともに合わなくなると言った心配はありません。

歯周病で何本かの歯を失ってインプラント治療を受けた方が、数年してその隣の歯まで失ってしまった場合でも、新たにインプラントを付け足すことが可能です。

「オッセオインテグレーテッド・インプラント」では、普段はしっかりと固定されていますが、必要な時には人工歯の部分を取り外しできます。

そのため、新たに抜けてしまった歯の部分に人工歯根を埋め込んだ後、以前に入れた人工歯を取り外して、隣の歯とつなげた状態の人工歯を新たに作り、安定させることも可能です。


  年々合わなくなり、作り直す必要が出てくる入れ歯と違い、インプラントはいつまでも使い続けることができるのです。


インプラントとは
インプラントは一生モノ
インプラントの費用
自分の歯が無くでも可能
歯周病の人でも可能
骨粗鬆症の人は?
インプラント治療の手順①
インプラント治療の手順②

インプラントとは

インプラントの費用


 

  インプラントは最先端医療のために、保険検診ができないので、費用の面が気にかかる人が多いと思います。

確かに費用の面からインプラント治療をあきらめる人もいます。

しかし、自分自身の健康や審美的にも重要な、一生使える「第三の歯」が得られることの価値は大きいものです。


  インプラントの費用は歯科医院によって変わりますが、目安としてはインプラント(人工歯根)を1本入れると20万円くらいかかります。

その他、アバットメント(土台)や人工歯の費用が加算されます。

歯が一本もない下顎の場合を考えると、インプラントが5本に、その他の費用を加えると300万円くらいになります。


  しかし、費用は歯科医院によって差があるのも事実です。

比較的多くのインプラント治療を行っている歯科医院では、費用が安くなる傾向があります。

これは、設備費用や利益の関係で生じてくる差です。

多くの歯科医院の中で納得のいく所を見つけることが大切になります。


  また、インプラント治療によって生じる費用は「医療控除」の対象になります。

医療控除は年間10万円を超えた医療費(最高200万円)を所得から控除できるものです。

所得によっては、3割や4割の費用が還付金として戻ってくる可能性もあります。

医療控除により、少しは負担を減らしてインプラント治療を受けられるようになっています。


インプラントとは
インプラントは一生モノ
インプラントの費用
自分の歯が無くでも可能
歯周病の人でも可能
骨粗鬆症の人は?
インプラント治療の手順①
インプラント治療の手順②

インプラントとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。