インプラントとは?インプラントに関する基本情報を紹介しています。費用・手順など。

スポンサーサイト


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリットとデメリット


 


 【メリット】

* 天然歯のように顎の骨に固定するので、比較的違和感がなく固いものを噛むことができるようになる。
* 隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけない。
* クラウンブリッジタイプにおいては、比較的見た目が天然歯に近い。(歯周組織の喪失状態によっては、義歯の方がすぐれる場合もある。)


 【デメリット】

* 歯槽骨を切削する必要があり、稀に術後の後遺症を起こすことがある。
* 全身疾患がある場合には治療できない場合がある。
* 骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べやや感染の危険性が高くなる。従って人工歯根を維持するためには、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。
* 自由診療(保険外診療)となるので、現状ではかなり多額の治療費がかかる。
(Wikipedia)
スポンサーサイト

インプラントの概要


 


  英語のdental-implantからの輸入語でデンタルインプラントと呼ばれ、単にインプラントと略称されることが多い。その他、人工歯根、口腔インプラント、歯科インプラントなどの呼称がある。インプラント体を手術的に顎骨に植えて、インプラント体表面と骨の結合(オッセオインテグレーション)を期待し6週間から6ヶ月間の治癒期間を待ち、その上に人工歯冠・上部構造を何らかの方法(スクリュー、セメント、磁石など)で装着する一連の治療を、インプラント治療と呼ぶ。ブリッジや有床義歯と違って、天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られることが多く、また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、インプラント治療を受ける人は近年、増加している。

  現在、実用に供されている人工臓器の中では、最も完成度の高いものであると考えられる。

  インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病、破壊的な抜歯、長期間の可撤式義歯(入れ歯)の使用などで歯槽骨を喪失している人は、顎骨のほかの部分や腰などから骨を移植(自家骨移植)または、βTCPや脱灰乾燥した牛骨など(人工骨)を填入して、インプラントを埋め込む(歯科医は、「埋入まいにゅう」と呼ぶ)土台となる骨を構築する手術を必要とする場合が多々ある。
(wikipedia)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。