インプラントとは?インプラントに関する基本情報を紹介しています。費用・手順など。

スポンサーサイト


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの成功率の内訳


 

【質問】

インプラントの成功率98%とか歯科サイトで言われていますが・・
考えてみたんです、そもそもインプラントをする人は歯を失っている人。なぜ歯を失ったのか?事故で・先天的に欠損していたetc..・・ が、
歯を失う原因で一番多いのは歯周病。歯周病になる原因は糖尿病もあるでしょうが一番多いのは自己メンテや定期健診をサボっている人。   この辺りまで突き詰めてみると成功率98%に対し失敗率2%、この2%に入る人はどういう人が入るか自ずと見えてきませんか?
不慮で・偶発的に歯を失いインプラントをした人は今までどおりメンテをしっかりするので98%
自己怠慢で歯を失いインプラントをした人はやはりメンテもしっかり出来ず2%
と振り分けられるような気がしてならないのですが。。皆さんはどう思われますか?あんまり気にせず数字だけを見ます?
*歯周病=だらしない人 と決め付けているんじゃないです。ただその様な傾向がある、という前提での話です。例外があるのは承知していますので誤解をされない様にお願いします。


【ベストアンサー】

インプラントの失敗とは、インプラントの手術をしたけれどもフィクスチャーと呼ばれる、インプラントの根の部分が骨とくっつかずに抜け落ちてしまうものを指します。
通常は手術後数ヶ月以内、長くても1年以内に、人工歯根の上に最終的な歯を作る前に抜け落ちます。
ですからメンテナンスの段階に入る以前に抜け落ちるわけです。

つまり、手術自体がうまくゆかずにインプラントが抜け落ちたものを、インプラントの失敗と考えます。

歯周病で歯を失う場合、骨がなくなってしまいますから、インプラントの適応外になる場合が多くなります。
したがって、インプラントの失敗の2%というのは、患者本人の怠慢とはほとんど関係ありません。


インプラントとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。