インプラントとは?インプラントに関する基本情報を紹介しています。費用・手順など。

スポンサーサイト


 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント手術で歯肉を切開しない方法は下火になったのですか


 

【質問】

初めてインプラント手術目的で某市立病院歯科で相談受診しました。
痛いのはいやですが、いろいろなインプラント本には「痛くない非切開法」が紹介されていましたので その痛みの少ない方法(OAM法など)をお願いしました。
しかし、同病院では手術は従来のドリル方式なので非切開法はしていません。そこで念のため町のインプラント歯科医できいたところ その歯科医もドリル方式でしたが、理由説明によると「非切開法は一時の流行からここ一、二年前からだんだん減ってきている、何か原因があるとは思われますが、実際には切開しないと安全確認が難しい」、とのこと。
本当ならあきらめて従来通りのドリル式のインプラント手術を受けようかと思いますが、実際を知らないので迷っています。
実際、非切開法、OAMなどは下火になっているのでしょうか、もしそうなら何故なのでしょうか、ご存じの方お教え下さい。


【ベストアンサー】

こんにちわ。実は私はこのOAMで施術を受けました。

約1年半前に6本のインプラント手術を受け 計500万円以上支払ったにも関わらず 一本は抜け落ち、2本は痛くて使えず 残り三本は噛み合わせる相手のインプラントが使えないため歯として機能するのかどうか確かめることもできません。 つまり2年の通院で数百万かけて健康な奥歯を一本抜いて インプラントはどの歯も機能していないのです

このOAM方式そのものの問題というよりも この院の運営方法に問題があったのが原因と考えられます。 この通院日記も作成しましたので興味があるようでしたらリンクをはります。


インプラントとは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。